Monthly Archives: 10月 2014

二千円札にめぐり合えないと思っていたら・・

ちょっと懐かしい二千円札。ここ最近全くめぐり合うことができません。なぜかというのを調べてみました。

すでに製造は中止されているということですから、さらにめぐり合うのは難しいと感じています。話題になった割りには需要が無かったとでも言うべきでしょうか、やはり使いにくいという声が多かったのか、これが最大の製造中止になった理由でしょう。

合計8億8千万枚も作られたということで、数枚くらい見かけてもよい枚数ですが、どうやら日本銀行の金庫に詰まれたままとなっている模様です。

二千円札イラスト

銀行に入ってきた二千円札は出るときは千円札になっていたりと入るが出ない状態にしていたのでしょう。二千円札が作られたのは西暦2000年とこれまた狙ったのかどうかよくわからない時期に出来たのですが、ほんとコレ、ムダでしたね・・
と、言いたいところでしたが、実は沖縄県では普通に流通しているうようです。少し前にテレビでやっていました。

表面には沖縄の守礼門が描かれており、愛着があるのも頷けます。何でも子供にお小遣いをあげるときに千円では足りない時に便利など意見もあり、他県でほとんど利用されていないというと沖縄県民の方はビックリされていました。銀行ATMで現金を引き出す際、二千円札優先という専用ボタンが付いていて、1万円を引き出すと2千円札が5枚出てくる設定にもなっているようです。

地域によっては普通に流通しているのだと確認できました。

沖縄県以外にお住まいの人でも大事に持っている人も多いのでは?と思います。
ずっと持っていたらそのうちってこともあり得るので、持っておいてもいいかも。

何しろ9億枚近く作られたっていうからな~・・。